第13回ヘルシィエイジング学会学術集会

2021年12 月11日(土)13:30~18:00 オンライン

『 Withコロナ/Postコロナ時代のヘルシィエイジング 』



昨年から今年にかけて、新型コロナウイルスが猛威をふるい、世界の人々の健康を危機に陥れています。

古代から人間を苦しめ続けて来た感染症は既に過去のものといった誤った認識も見られる中、今回の学術集会では、改めて感染症に向き合い、感染予防策から、ヒトの身体に備えられた免疫機能を如何に上手に働かせるかなど西洋医学から東洋医学まで人類がこれまで培ってきた叡智を振り返り、Withコロナ/Postコロナ時代のヘルシィエイジングについて皆様とともに考えていきたいと思います。そこで血液病理・感染病理、免疫学、ウイルス学がご専門の医師、薬剤師で米国在住のアメリカ国立研究機関 博士研究員 峰 宗太郎先生に今回の新型コロナウイルス感染症に関して特別講演をお願いしております。また、慶應義塾大学医学部漢方医学センター客員教授 修琴堂大塚医院院長 渡辺賢治先生をお招きして、近著「漢方で感染症からカラダを守る!」 から実践的なお話を頂く予定です。今回はオンライン開催ですので、ネットの特性を活かし、演者ならびに参加者同士のディスカッションの場も設ける予定です。また、広く一般演題の募集も行なって参りますので、テーマに拘ることなく幅広い演題からのご応募をお待ちしております。今回の学術集会に臨み、是非、場所の制約を越えて多くの皆様にご参加頂けることを願っております。


※会員、非会員、学生、どなたでもご参加いただけます。


お申し込みはこちら(ヘルシィエイジング学会サイトが開きます)