リウマチ性疾患とマイコプラズマ感染




関節炎は、関節の炎症をともなう疾病の総称です。症状には局所症状と全身症状があり、局所症状としては発赤、腫脹、圧痛、こわばり、可動域制限などが知られ、全身症状としては発熱、全身倦怠感、体重減少などがあります。


関節炎は細菌性関節炎、結核性関節炎、慢性関節リウマチ、痛風、偽痛風、乾癬性関節炎、変形性関節炎など様々な病態があります。病態ごとに診断、治療が異なります。


慢性多関節炎の早期は急性多関節炎のように見えることもあるり、このような疾患には関節リウマチ、SLE、血管炎といった結合組織疾患も含まれます。


高齢者で頚部、肩、腰部の症状が特徴的であるリウマチ性多発筋痛症では、側頭動脈炎の合併が知られています。


マイコプラズマ感染が、リウマチ様関節炎、さらに、リウマチの原因であることがわかってきています。特に、マイコプラズマ・ファーメンタンスについてよく知られています。


関連リンク

  • Kawahito Y, Ichinose S, Sano H, Tsubouchi Y, Kohno M, Yoshikawa T, Tokunaga D, Hojo T, Harasawa R, Nakano T, Matsuda K. Mycoplasma fermentans glycolipid-antigen as a pathogen of rheumatoid arthritis. Biochem Biophys Res Commun. 369:561-566. (2008)

  • Gil C, Rivera A, Banuelos D, Salinas S, Garcia-Latorre E, Cedillo L. Presence of Mycoplasma fermentans in the bloodstream of Mexican patients with rheumatoid arthritis and IgM and IgG antibodies against whole microorganism. BMC Musculoskelet Disord. 10:97 (2009).

  • Horowitz S, Evinson B, Borer A, Horowitz J. Mycoplasma fermentans in rheumatoid arthritis and other inflammatory arthritides. J Rheumatol. 27:2747-2753. (2000)

  • Schaeverbeke T, Gilroy CB, Bebear C, Dehais J, Taylor-Robinson D. Mycoplasma fermentans, but not M penetrans, detected by PCR assays in synovium from patients with rheumatoid arthritis and other rheumatic disorders. J Clin Pathol. 49:824-828. (1996)